読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶品ゆどうふのタレ

ふと気づいたことを綴るだけのメモ

virtualenvwrapperとvirtualenvを入れたメモ

色々あってpythonの環境を手元で作る事にした。


wozozoに聞いたらpythonバージョン毎に切り替えとかそんな気にしなくていいらしくて、virtualenvwrapper入れとけよって事なのでそれで入れる事にした。

virtualenvwrapper、virtualenvのインストール

dhellmann / virtualenvwrapper — Bitbucket

上記サイトからたどるドキュメントに従っていれる。
system pythonに依存しないようにしたかったけど、さすがにそれは無理っぽいので最小限に。
-> pythonの切り替えもvirtualenvwrapper側でやってくれてるらしい。


perlbrewやrvmは個人環境の閉じた中に作るけれど、virtualenvwrapperはインストールはsystemに対して入れて、環境として
仮想環境を個人環境内で構築する感じになる。

% sudo apt-get install python-setuptools
% sudo easy_install virtualenv
% sudo easy_install virtualenvwrapper

easy_install経由でそれぞれをインストールする。pipは特に入れない。

% export WORKON_HOME=~/Envs
% source /usr/local/bin/virtualenvwrapper.sh

上記の設定は.*shrcにも書いておくEnvsディレクトリはsourceした時点で自動で作成される。


以上でインストールは完了。

virtualenvの作成と設定

インストールは終わっているので、仮想環境を作成する。

% mkvirtualenv django13
% pip install django

仮想環境を作ると、環境内に自動的にsetuptoolsとpipがインストールされる。
ちなみに、pythonは3系からはpipよりdistributeを使ってパッケージ管理するのがよくなるらしい。


ついでに、コマンド体系がわかりにくかったので以下にメモ。

% deactivate #仮想環境から抜ける
% workon django13 #指定した仮想環境に入る
% echo $VIRTUAL_ENV #利用中の仮想環境を確認

以上で完了。