読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶品ゆどうふのタレ

ふと気づいたことを綴るだけのメモ

AWS Summit 2015 - Day1 - 自動デプロイ

  • Elastic Beanstalk, Opsworks, CodeDeploy, CloudFormation
  • AWS 舟崎さん

  • どう使い分けたらいいか、どう組み合わせるか

Intro

  • EC2 / ELB / RDS / S3 を組み合わせる事が非常に多い
  • 設計としては多いが、デプロイを自動化する点まで考えられていることは少ない

    • デプロイの自動化がなぜ必要か、はこのセッションの対象ではない。その前提で話す。
  • デプロイを考える際のフェーズ

    • コーディング
    • ビルド
    • テスト
    • デプロイ
    • プロビジョン(リソース生成)
    • モニタリング
  • Code Commit

  • Code Pipeline

    • コードをデプロイする際の処理・ワークフローを自動化させる
    • まだAWSとしてリリースされてない
  • Elastic Beanstalk / OpsWorks

    • Deploy / Provision / Monitor
  • Code Deploy
    • Deploy のみ
  • CloudFormation
    • Provisionのみ
  • Cloud Watch
    • 監視

Elastic Beanstalk

  • 定番構成の構築・アプリデプロイの自動化サービス

Opsworks

  • 多様なアーキテクチャをサポートするデプロイ・管理サービス
    • chefのレシピを使ってデプロイや運用タスクを自動化可能
    • ライフサイクルイベントに従った動的な構成の変更
    • 継続的な構成管理

Code Deploy

  • アプリケーションのデプロイに特化
    • agentをインストールして管理。オンプレミスも管理可能
    • グループ内に一度にデプロイしたり1台ずつデプロイしたり、といった処理が可能

CloudFormation

  • JSON形式のテンプレートを元に、AWSリソースの環境構築を自動化

Wordpressをデプロイする手法

  • wordpressのデプロイを題材に、4つのサービスを比較

    • コンフィグも自動生成したり。
  • 構成イメージ

    • GitHubからコードをデプロイ
    • ELB - EC2 - RDS + S3(wordpress plugin)
  • どれがベストか、という話をするわけではない。

  • 自分達の要件に合うかを検討する材料にしてください。

Beanstalk

  • 起動の流れ

    • ElasticBeanstalkがインスタンスを起動
    • 中にHost Managerが入っていて、それが通信
  • GitHubと連携

    • zipかwarのパッケージにしてEBにupload
    • cliツールに、それを補助してくれるコマンドがある
      • 昔はgitと連携するgitなんとかっていうCLIコマンドがあった
      • aws cli v3からはeb deployというのが該当コマンド
  • 順次バッチ処理でのデプロイ
    • 一度に(1台/25%/全部)にデプロイ
      • というのを調整できる
    • Blue Green Deploy なんかもあり(今回は違う)
  • 環境のカスタマイズ
    • AMIを作りなおさなくても、Elastic Beanstalk Configuration fileで動作中のコンテナをカスタマイズできる
    • 環境設定のRolling Update
      • インスタンスの置換えを伴う操作を一部ずつ実行
      • 裏ではCloudFormationのupdate policyという機能で実現してる

OpsWorks

  • 起動の流れ

    • PHP App Serverレイヤーを作成
    • レイヤー内にインスタンスを追加
    • 起動したinstanceの中にagentがはいる
  • OpsWorksに指示を出すと、Agentがポーリングに合わせてAppを取得

    • デプロイJSON を書いておけば、それをchefのレシピの中から呼び出せる
  • レシピの実行タイミングについて

    • ライフサイクルイベント
      • Setup - ここはbuiltinのレシピが動く
      • Configure
      • Deploy
      • Undeploy
      • Shutdown
    • いつどれが呼ばれる?
      • Setup - 起動直後に、該当インスタンスで呼ばれる
      • Deploy - そのあと、deployイベントが走る
      • Configure - deployが終わると、「全インスタンス」にconfigureイベントが走る
  • Cookbookの更新

    • リポジトリにPush
    • カスタムCookbookの適用を指示
    • ポーリングのタイミングで適用される

Code Deploy

  • サーバは起動しないので、自分でエージェントを入れる

  • Depoyの流れ

    • Githubに入れるソース内にappspec.yamlというファイルを入れておく
    • Config内容
      • どれをデプロイするか?
      • どうやってデプロイするか?
      • どこにデプロイするか?
  • 環境のカスタマイズ
    • appspec.ymlのなかに、hooksを設定できる
    • shellscriptの実行が可能
  • CloudFormation都の連携
    • インスタンスの生成をしたいときには連携させるといい
    • 現状は、CodeDeployのエージェントをインストールしたインスタンスを建てるのにCloudFormationをつかうといい

CloudFormation

  • CloudFormation template(JSON)の中にプロビジョニングとデプロイの内容を書いておく
  • 頻繁にデプロイしないのであれば、CloudFormationでやってしまうのがいい
    • 頻繁にやるなら、プロビジョニングだけを担当させる方がいい

まとめ

  • それぞれ簡単にできるが、手順が異なる
  • 要件に合わせて活用してください