読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶品ゆどうふのタレ

ふと気づいたことを綴るだけのメモ

iOSシミュレータでの通信状態のテストにNetwork Link Conditionerが便利だった

ios debug network

や、僕が知らなかっただけで世の中では常識の可能性もありますが。めっちゃ便利だった。

ネットワーク悪環境の場合のテスト。。。

iOSのネットワーク環境が悪い場合のテストって前から悩ましいと思ってて、MacWifiをOffにするとか開発中のアプリを実機に入れて建物の隅っこに行くとか涙ぐましい感じでやってたんですけど。

ちゃんとネットワーク状態を調整してくれるツールあった。

Network Link Conditioner

Apple Developer Center から Hardware IO Tools っていうユーティリティ群をダウンロードすると、その中に入ってる。 他に同梱されてるアプリも便利そうな名前が色々。。。

f:id:Yudoufu:20160528120815p:plain

起動すると、再現したいネットワーク状況が色々選べて、スイッチをONにするとMac上の通信が制限される。

f:id:Yudoufu:20160528120835p:plain

他にも、自分で通信状態を細かく指定したカスタム環境も作成できる。 up/downそれぞれのLoss率と速度などなど。

f:id:Yudoufu:20160528120850p:plain

なお、操作できるのはパケットロスの度合いと通信速度までで、ネットワークON/OFFののテストしたいときは直接MacwifiをON/OFFしてやることになりそう。

100% Lossとか使うとTimeoutのテストが手軽にできる。 めっちゃ良くて捗りそう。今まで知らなかったのは悔やまれる。