読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶品ゆどうふのタレ

ふと気づいたことを綴るだけのメモ

iOSDC Japan 2016 参加メモ: A-2 RxSwiftは開発をどう変えたか

ios iosdc swift rxswift
  • ishkawaさん

RxSwift

  • イベントストリームを抽象化

    • UIの変化やアクションなど
  • Observable

    • イベントストリームを表す型
  • subscribe(_:)

    • イベントごとにクロージャを実行
    • イベントを受け取って実行できる
  • bindTo(_:)

    • Observerに自動反映する
    • イベントストリームに接続できる
  • Observable と Observerは対になる概念

    • 入出力の関係
  • Operator

    • 実際の開発では、streamの間にOperatorを挟んで色々変換をしてデータを加工したりしていく
    • map, filterなど

もう少しアプリらしい例

  • 苗字と名前を入れてsubmitすると、くっついたフルネームがUILabelに反映される
  • combineLatestとsample
    • 複数のobservableを組み合わせ、sampleでタイミングを調整

Rx vs 従来のイメージ

  • Rx

    • 水道のイメージ
      • 蛇口と、それをバルブなどで調整してる
  • 従来

    • バケツのイメージ
      • バケツにデータを貯めといて、それを取りに行く

Rxの概念とは

  • 全てのイベントストリームの表現手段が同じ
  • ためておいて後で取りに行く、という動作がない
    • イベントストリームの依存関係がoperatorで表される

現在地の天気アプリの例

  • 位置情報を許可すると、天気が出る
  • 位置情報を拒否すると、NGと出る

  • コード紹介

    • 従来のスタイルでデリゲートスタイルで書くと、パッと全体のフローを把握するのが難しい
    • Rxのコードだと、処理の流れに沿ってコードが追える
      • ここで何が起きてるのか、というのがそこを見ればわかる
  • 複雑な制御がイベントストリームだけでかける

  • 処理の依存関係が見えるようになった

まとめ

  • イベントストリームを宣言的に扱えるようになった
  • 複雑なイベントストリームでも全体を把握しやすい
  • データを貯めなくて良くなり、ストアドプロパティを減らせる