読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

絶品ゆどうふのタレ

ふと気づいたことを綴るだけのメモ

rvmとgemsets入れたメモ

色々あってrubyの環境を手元で作る事にした。


system rubyを使うのは筋がいいのかよくわからないというか、gemがとにかく依存性とバージョン管理がぷぎゃーな感じで
すっきりさせるのがモダンなやり方なのかなーと思うので、とりあえず組んどいたメモ。


基本方針としては、できるだけ環境やruby、ライブラリバージョンの依存をシンプルにし、極力編集作業を少なくする。
rvmでSingle User方式で組んだベース上に、gemsetsでバージョン毎に環境を切り替えられるように作っていく。

rvmのインストール


こちらの方法に準ずる。
環境のgemには頼らず、curlで取ってくる方法を使う。

% bash < <(curl -s https://rvm.beginrescueend.com/install/rvm)

これで、インストールするとrubyの構築に必要なライブラリパッケージのインストール方法が表示されるので、それに従ってapt-get なりyum なりでインストールする。

% source ~/.rvm/scripts/rvm
% rvm get latest

source...は.*shrcにも書いておく

% rvm list known # 利用可能なバージョンを調べる
% rvm install 1.9.2
% rvm use 1.9.2 --default

以上でrvmとrubyのインストールは完了。

gemsetsの設定

実はrubyのバージョンを指定してインストールした時点で、一緒にそのバージョン用の個別のgemがインストールされてる。
あとは、さらにその中で切り替え可能なように、gemsetsを作る。


例としてrails 3.1用のgemsetを作ってインストールする。

% rvm gemset create rails31
% rvm gemset use rails31
% rvm use 1.9.2@rails31 --default # gemsetのデフォルトを切り替えたい場合

以上。

あとは、適宜必要な環境毎にgemsetを作って切り替えてやっていく。